在宅ワークで月3万円から5万円稼ぐ

あと月3万円から5万円あれば、家計がもっと楽になるのに!と考えている方が多いようです。
在宅ワークを本業としてガッツリ稼ぎたいとまでは思っていないにしても、生活を楽にするためにちょっと足しになればいいなという方は、ここで紹介する方法を実践することで簡単に毎月の収入を底上げすることができますよ。

在宅で月3万円から5万円稼ぐ方法まとめ

月3万から5万を稼ぐ方法はいろいろとありますが、自分の生活スタイルやどういった稼ぎ方をしたいかによって、使い分けたり組み合わせたりして効率を上げましょう。

①在宅ライター

一番確実で、だれでも間違いなく稼げる在宅ライターは、月3万から5万程度を目指している方にもぴったりです。
こちらでもご紹介しているクラウドソーシングのサグーライティングプラチナなら、お小遣いレベルの金額であれば頑張らなくてもほどほどに、空いた時間に記事を書いていれば毎月コンスタントに稼ぐことができるのでおすすめです。

こちらは、在宅ワークを本業として30万円前後稼いでいきたい方にもおすすめの方法ですので、3~5万という金額であれば本当に簡単で、文章の作成に慣れていない方でも気軽に取り組めます。

②お小遣いサイト

こちらは1万円程度だったら、サラリーマンの方のお仕事の合間や、主婦の家事の合間などでも、ちょっとした隙間時間で簡単に稼げます。

在宅ライターだけでも十分なのですが、なぜこちらをご紹介したかというと、少額を目標としている方にとっては「パソコンの前に座って作業時間をする時間をとる」という機会を減らしたい方も多いからです。

正直、お小遣いサイトだけでは3~5万円毎月コンスタントに、というのはちょっと無理があります。それをしようとすると逆に面倒なんです。
お小遣いサイトの仕組み上、すき間時間に毎月楽に稼げるのが数千円から1万円程度というところです。

毎月3万円~5万円は欲しいけど、PCの前で作業する時間をどれだけとれるかわからない、という方や、寝る前やちょっとした空き時間のスマホチェックの時間を有効活用したい方にはぴったりな収入の底上げ方法です。
目標額のすべてを在宅ライターで稼いだほうが全体的な時間効率で言えば良いのですが、わざわざ何かをする、という態勢をとるのが億劫な方も多いですから、寝転がっていてもできるお小遣い稼ぎという意味ではこちらも併用すると効率が良いですよ。

③その他お手軽な副業

こちらは、正確には「在宅ワーク」とは違うのですが、治験やミステリーショッパーなどです。

治験は、新しい薬を試すボランティアですが、ボランティアだからといって無償ではなく、負担軽減のための費用を受け取ることができます。
治験に登録するならこちらがおすすめです。



交通費などはもちろんですが、それだけではなく時間的な負担や精神的な負担を軽減するためのものでもあるので、条件さえ合えばこれだけでも副業としてしっかり稼ぐことができます。
ただし、自分に都合よく、条件に合った治験の募集があるかというと、そういうわけでもありません。
毎月コンスタントに稼ぐのは難しいですが、条件が合った時に参加するとお小遣いとしてはかなり良い金額になると思います。

ミステリーショッパー、つまり覆面調査員のほうは、サービス利用代金や、商品購入代金を報酬として受け取る形なので稼ぐというのとは少し違ってきますが、必要なサービスをただ普通に利用するよりも、こういった調査員として利用したほうが料金を節約することができます。
ミステリーショッパーならこちらがおすすめです。
覆面調査サイト「ショッパーズアイ」

業界最大級!謝礼をGET【ジャパンモニター】

例えば毎月美容院で1万円使っている方が、覆面調査員として美容院を利用すればその1万円を浮かせることができる、つまり毎月の家計に+1万円になったのと同じことです。
こちらも毎月コンスタントに、とはいきませんが、在宅ライターやお小遣いサイトなど、上手く併用することでかなり効率は良くなるでしょう。

まとめ

毎月3万円から5万円を稼ぐのはまったく難しいことではありません。
むしろ、自分に合った方法を選びながら稼いでいけるので楽だと思います。
毎月の家計にあと3~5万円あれば、とお悩みの方は、ここでご紹介した方法について個別に詳しく記事を上げていますので、参考にしながらぜひ実践してみてください。