稼げる在宅ライターになるためにやるべき事はたったこれだけ!

在宅で稼ぐためにおすすめなのは「ライター」です!
そのことについてはこちらで理由をまとめてありますが、要するに一番効率が良く、自分のペースで楽に続けやすく、そして目標金額に合わせて調節が簡単というメリットがあり、家でできる仕事として初心者から熟練者まで誰にでも適しているんです。

在宅ライターってどうやって始めるの?

しかし、在宅の仕事に慣れていない方は「そんなに良いならやってみたいけど、どうやって始めればいいの?」となると思います。
わたしも、在宅ワークに興味を持ち始めたころは、まず何からすればいいの?という状態でした。

仕事を探すにしても、まずどこで探せばいいのか?そこで見つけた在宅ワークの発注者は本当に信頼できるのか?という疑問も出てきます。
これは、最近では割と少なくはなってきましたが、在宅ワーカーに対しての報酬の未払い等、顔を合わせないでできる仕事という面でのデメリットも付きまといます。
会社勤めにも良い面・悪い面があるのと同じように、在宅ワークは在宅ワークで悪い面ももちろんありますので仕方ないのですが、やはり報酬が支払われないというリスクにどう対応するかは考えなければなりません。
せっかく作業をしたのに無駄になってしまうのは誰だって避けたいところです。

発注者と在宅ワーカーのマッチングサイトなども多くの方が利用していますが、こういったものは稼ぎ方を明確に決めている方にとって、実は手間が多く効率が悪くなりがちなのでおすすめしていません。

それよりも、詳しくは後ほど説明しますが、最初からライター職に特化したサイトを利用して稼ぐほうが、効率が良く何倍も楽に収入を得ることができるようになります。

マッチングサイトをおすすめしない理由

わたしも、マッチングサイトを利用して仕事を探していた時期がありました。
その手のサイトではクラウドワークスやランサーズが有名ですね。
こういったところでは、在宅ワーカー・発注者どちらのリスクも最小限にするために、発注者に報酬を仮払いしてもらい、サイトが一時的に預かって、ワーカーが納品してからサイトからの支払いが行われるというシステムを取っているところが有名なので、一見安心できそうです。
しかし、実のところこれでもやはり問題が起こることがあります。
例えば、納品完了後に仮払いで預けられていた報酬がサイト側から支払われる前に、発注者の検収があるのですが、その検収をしてもらえずに支払いがいつまでも行われないというパターンはよく耳にします。
わたしはありがたいことに不払いに遭わずに済みましたが、そういった話は珍しいことではありません。
そして、不払いには遭いませんでしたが、わたしが実際に効率の悪さや手間の多さを感じてマッチングサイトを利用するのをやめた理由はいくつかあります。

■発注者との交渉

こういったマッチングサイトでは、1つの発注者からの仕事だけで満足のいく金額を稼ぎ続けることは割と難しく、多くの方が仕事を掛け持ちで受注しているんです。
掛け持ちする場合、当たり前ですがそれぞれの発注者と、個別に報酬の交渉や相談をしなければなりません。
とても手間が多いなと感じましたし、相手からの返事が返ってくる待ち時間等も考えると実際の業務に取り掛かり報酬を得るまでに時間がかかる場合も多いです。
そしていろんな相手との交渉なので、求められていることも違いますし、けっこう疲れます。
実際の業務以外の部分での手間や時間をできるだけ減らしたいので、こういった余計な労力は大きなマイナスと言えるでしょう。

■手数料が掛かる

発注者との間にマッチングサイトを挟んでいると、振り込み手数料等とは別に報酬から手数料を引かれます。
これは1案件ごとに毎回引かれるので、馬鹿にできない金額になっていきます。

■仕事量の調整が意外と難しい

当然のことですが、企業や個人、発注者側それぞれの都合で仕事の発注をしています。
受注側の都合で仕事量を増やしてもらったり、単価を変えたり等は難しいことですので、もっと稼ぎたい!と思った場合は別の発注者とまた契約を交わして仕事をもらうことになります。
ほとんどを発注者の都合に合わせなければいけない、しかもいろいろな仕事を掛け持ちするほど合わせなければいけない相手が増えていきますので、自分の都合、自分の時間という「自由」が犠牲になっていきます
反対に、メリットと言えば、マッチングサイトなだけあって在宅ワーカーを必要としているいろいろな仕事が集まるというところでしょうか。
しかしその中から

・本当に自分の都合とマッチする条件であること
・その発注者に採用されること(好条件の案件は競争率が高い)
・実際に仕事をしてみても最初に思い描いた通りの内容であること
・希望する収入が毎月手に入ること

というのは相当ハードルが高く、そんな案件があったとしても見つけるまでには運がものすごく良くない限り、かなりの時間と労力を要します。

専門的な知識や技術がある人や、自分はどんな仕事に向いているか明確にわかっている在宅ワーク熟練者であればそういったマッチングサイトで探すのも有りだと思います。
しかし、そうでない限りは実際は難しいものだと思ったほうが良いです。

ライターになるために必要なのは実はこれだけ

ライターになるためにまず最初におすすめしたい方法がこちらです。
↓↓↓



在宅ワークで稼ごうという場合にはわたしは断然ライターをおすすめしますが、そのライター業を続けていくうえで、単価が安いわりに書きにくいカテゴリー等を依頼されると、けっこうやる気がなくなってしまったりするものです。
これは、マッチングサイトなどで自分で仕事を探すとよくあることなんですが、それではモチベーションが下がりますよね。

それは仕事ですからしっかりこなさなければいけませんが、仕事に対する意識どうこう以前に人間ですから、やっぱりやる気の上下変動はあって当然です。
そのやる気を維持し続けるためにも、やっぱり自分が「記事を書いた」という労力に対して、より多くの報酬をもらえたほうが良いに決まってます。
その点サグーライティングは業界最高水準の高単価の案件ばかりですのでモチベーションが高い状態を維持できます。

そして、自分の書きやすそうなテーマを選んで書くことができれば、かなり仕事がやりやすくなりますよね。
それはつまり、発注者の都合に合わせて自分がつぶれてしまうことなく、自分の都合を優先して自由に仕事ができるという環境です。
その環境を誰でも簡単に手に入れられる、ということでとても話題になっているのが、いまご紹介した

【サグーライティングプラチナ】


こちらなんですね。
もちろん資格などは何も必要ありませんし、日本語の読み書きができれば誰でも始めることができますので、まずは登録してみましょう。

コツとしてはただ会員登録するのではなく、プラチナライター登録をすると高額案件をたくさん請け負うことができ、より効率よく稼げるようになりますので、ぜひプラチナライターテストを受けてみてください。
審査に落ちてもなにも失うものはありませんし、アドバイスをもらえるのでそれを参考にして何度も挑戦できます。
現在活躍中のライターの中にも何度目かの挑戦で審査を通過し、プラチナライターとして現在バリバリ稼いでいる方も多くいますので、どんどんチャレンジするべきです。

このサグーについてはまた個別で書いていきたいと思いますので、詳しく知りたい方はそちらもチェックしてください!

まとめ

在宅で稼ぐにはライターが良い。そしてライターとして効率よく、自由に、長く稼いでいくのであればサグーのプラチナライターとして記事作成をする。

実は在宅で稼ぐには基本、これだけわかっていれば大丈夫なんです。
このとても単純なことを、知っているかどうかによって在宅ワークで成功するかどうかが大きく変わってきます。
わかってしまえばとても簡単なので、在宅ワークを始めたい人は、せっかく成功のコツを知ったのですからとりあえずいまからやってみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする