月10万円以上を目指すなら!在宅ワークでも生活できる

在宅ワークで月収10万円以上は、決して無理な金額ではありませんし、当たり前のように毎月10万円以上稼いでいる方もたくさんいます。
その方法は人によって違ってきますが、かなり専門的な業務でない限り、何もわからないままにただ募集サイトなどで応募して受注、というのを繰り返していては到底そこまで稼ぐのは難しいでしょう。

10万円以上、20万、30万と、生活できるくらいの金額を在宅ワークで稼ごうと思っている方は、やはりそれなりに考えて効率よく動く必要があります。

大きく稼ぐならやっぱり「在宅ライター」

何度も「在宅で効率よく稼ぐには在宅ライターがおすすめ」と紹介していますが、やはり目標金額が大きくなるほどその割合を増やすことが大事になってきます。

もちろん、少額でも在宅ライターが一番効率が良いと思いますが、文章を書くことが苦手な場合や、しっかり作業をするより隙間時間にちょこっと稼ぎたいという場合、少額であれば他の方法も織り交ぜて稼ぐというほうが向いている方もいると思います。
しかし、大きく稼ぐには効率良い方法の割合を増やす必要があるので、純粋にライティングの割合を増やすことが重要なのです。

在宅ライターとして稼ぐにはサグーライティングプラチナがおすすめということで別ページ詳細はこちらでいろいろ書きました。
これだけで稼げるのですが、気分を変えたいときには別のクラウドソーシングサイトを利用してみるのも良いと思います。
補助的に利用するならこちらがおすすめです。
文章書いてお金をもらおう♪

Shinobiライティングというサービスで、割と有名ですが、単価自体はサグーライティングプラチナのほうがいいです。
そして、できれば同じところでたくさん記事を書いて稼ぐほうが効率としてはいいので、じゃあなんでわざわざ紹介するの?ということになるのですが、同じところで続けていても、書けるネタがなかったり、ちょっと気分がだれてきてしまったりすることもあるんですね。
そういう時に、気分転換と言ったら変ですが、違うサイトで、違ったテーマや違った形式で書いてみることで、わたし自身はライティングに嫌気が差すのを防げています。
メインでガッツリ稼ぐという意味では物足りないのですが、補助的に利用するという意味ではおすすめですので、登録しておいてとりあえず慣れるという意味でいくつか記事を書いておくといいと思います。

月10万円以上目指す稼ぎ方

サグーライティングプラチナで稼げるだけ稼ぐことが重要になります。
そのためにはまず、いまある自分の生活リズムの中に「記事を書く」という項目を自然に組み込むことが大切です。
ただ何となく「空いた時間にやればいいや」という気持ちで始めようとすると、なかなか続かなかったり、なかなか始められなかったりします。
まとまった時間を記事作成のために作り、その中で集中して書けるだけ書く、という方法をわたしはおすすめします。

実際、記事作成で生活費レベルの収入を得ている人たちは、こういうタイプの人が多いです。
例えば、わたしが以前聞いた話ですが、主婦をしている方で月19~20万円ほど稼いでいる方では、朝4時に起きて2~3時間ほど記事を書く時間にするそうです。
その後そのまま子供の朝の支度やお弁当づくりなど、普段の生活の流れが始まります。
このやり方の良いところは、いつもの自分の生活が始まる前に、一日の最初の段階で記事作成を終わらせてしまう、というところです。
「いつもの生活」が始まってから、時間を後で作って作業しよう、というふうにしてしまうと、流されてやらない日が出てきたり、やらない日が出てくるとそのままずるずるとやらないことがくせになってしまったりします。
しかし、まず起きたら作業をする時間にしてしまえば、さぼり癖が付きにくく続けやすいです。

早起きをしなければいけないという意味ではなく、要はどうすれば自分が続けやすい時間をうまく作れるか、です。
その流れをうまく作ることと、そのわざわざ作った時間の中でどれだけ集中できるか、そこがポイントですね。

その中で、いつも同じだと飽きちゃって集中しにくいな、と感じる方がいれば、その時は先ほど紹介したShinobiライティングもうまく利用してみてください。

まとめ

稼ぎたい金額が大きいほど、効率良く作業すること、効率の良い仕事を増やすことが大事になります。
ライティングの中でも、単価が良くしっかり稼げるものを選んで集中的に記事作成していくことがポイントになります。

自分の生活にうまく記事作成の時間を組み込んで、在宅でもしっかりと「仕事」という意識を持って作業をすれば大きく稼ぐことも難しいことではありません。