月収30万稼げる在宅ライターの始め方

在宅で、特にややこしい下準備などもなく始められて、効率よく稼げる仕事である「ライター」ですが、そのはじめ方を間違ってしまうとやはり効率はぐんと下がってしまいますし、大変なわりに稼げない!という間違ったイメージを植え付けてしまい、結果的に稼げるチャンスを逃してしまうことになります。

そこで在宅ライターで稼いでいきたい方におすすめなのがサグーライティングプラチナです。
こちらから登録できます↓



サグーライティングプラチナって何?

サグーワークス
というライティング特化型のクラウドソーシングサービスがあるのですが、そこのプラチナライターに応募し審査に通ると、高単価で知られているサグーの中でもとりわけ高報酬の案件を請け負うことができるようになります。

どれだけ高報酬かというと、月の報酬で50万円を達成した方もいるくらいの単価の良さです。
やる気さえあれば、コンスタントに月20~30万円くらい稼げます。
そのサグーライティングプラチナで審査に合格した後は、掲載されている案件を選んで、そのまま仕事に取り掛かることができます。
ちなみにノルマ等は一切無しなので、好きな時に好きなように稼げるメリットがあります。

つまり、やることと言ったら、

①サグーワークスに登録&プラチナライター審査合格
②書けそうな案件を選んで記事を書く
そして②を目標額まで繰り返すだけです。
編集スタッフによる記事のチェックがはいりますが、読みやすさを考えて、募集ルールから外れないように書いていれば大丈夫です。

また、①の中にあるプラチナライター合格がハードルが高そう・・・と勘違いされがちなのですが、実際にはそんなことは全くありません。

プラチナライターの審査に誰でも合格できるの?

プラチナライターには、はっきり言って誰でもなれます
審査はありますが、不合格になってもきちんとアドバイスをもらうことができ、それを意識して再度審査に挑戦することにより合格しやすくなるからです。

実際、文章を書くのが苦手な方も多く応募しており、何度か審査に落ちてから合格し、現在はプラチナライターとしてがっつり稼いでいる方もたくさんいます。

ですから、もちろん文章がある程度得意な人なら一回で合格できますし、何回か審査を受けて合格してもその後は皆同じようにプラチナライターとして活動していますので、文章が得意かどうかはまったく気にせずにやってみたほうがいいです。

一度合格してしまえば、その後は高報酬の案件の中から得意なものを書いていけば良いだけですし、記事のチェック後のアドバイスもその後のライティングをよりスムーズにするために役立ちますので、どんどん稼ぐ効率が上がっていきます

まとめ

サグーライティングプラチナでライターを始めるには、登録して審査を受ける、それだけです。
在宅ワークは、通常稼ぐためにいろいろな物が必要です。
資金だったり、下準備の手間と時間などもそれに当たりますが、そういったものを何も必要とせずに「稼ぎたい」という気持ちとパソコンがあれば、誰でもいつでもどこでも、副業でも、本業としても稼ぐことができます。